抗酸化物質が沢山含まれているゴマで美肌になれる?

ゴマにはセサミンという成分が入っていることが有名ですよね。

セサミン以外にもビタミンEなどの抗酸化物質が沢山含まれています。

紫外線から肌を保護してくれたり、
ビタミンEが新陳代謝を高めてくれて、
紫外線などで肌の奥に蓄積されたメラニンを抑えてくれます。

また、ゴマの中にはビタミン類も含まれており
ビタミンB6は老化タンパク質を抑制してくれることでも有名です。

便秘解消にも大きな効果があると言われているゴマですが、
ゴマには不溶性の食物繊維が多く含まれています。

そのおかげで、代謝もよくなりお腹の中から綺麗にしてくれるんですね。

抗酸化作用があることからもアンチエイジングには最適なゴマですが、
どのように取り入れると一番効果的なのかご存知でしょうか。

とても重要なポイントですが、
ゴマはすって使うのがダントツに吸収しやすいのです。

又、料理の面から見てもゴマはすって使用すると
風味が豊かでとてもすばらしいアクセントとなります。

ただし、ゴマには多くの脂質が含まれているのも確かです。

なので、美容に良いからと必要以上の過剰摂取を行えば、
脂肪が体につきやすくなったりもします。

どんなものでも過剰摂取は体に悪いので、適量を心がけてください。

目安としては1日10グラム程度で、
すりごまなら大さじ1杯という感じです。

ゴマアレルギーをお持ちのお子さんも
近年ではとても多いという話もありますので、
少量から使用して見て様子をみてあげてください。イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す