美白ケアと並行して、体内からの肌の活性化を

夏が近づく春先あたりから美白ケアを考える方が非常に増えると思います。

ですが、紫外線対策や美白化粧品以外にも
是非取り入れていただきたいことがあるんです。

それは、体内から美肌を手に入れられるように肌に良い栄養素を摂取したり、
抗酸化物質を含む食品を取り入れることです。

肌に良い栄養素といえば主にビタミンです。

ビタミンにはいくつもの種類がありますが、
その中でも緑黄色野菜に多く含まれているビタミンAや
美白効果も高い果物などにも多く含まれるビタミンC。

そして老化防止作用が大きいと言われているビタミンEです。

さらにビタミンB群も美肌をつくるのにはもってこいの成分ですね。

絶対に外せない抗酸化物質を含んだ食材を摂取することは、
とても大切です。

何故かというと活性酸素が体内に増殖すると
細胞の遺伝子を傷つけてしまい、老化現象を早めたりしてしまいます。

そのため、この活性酸素から守ってくれる成分が必要となるのです。

それが、抗酸化物質です。抗酸化物質を含む食材などは沢山あります。

中でも有名なのはナッツ類などです。

アーモンドなど素焼きのものを
毎日10粒以上摂取すると体に良いとも言われています。

大豆にも含まれているので、大豆製品も美肌の味方と言えるでしょう。

このように、中から肌の活性化を促進して、
さらに外から必要なケアをしてあげるとダブルの作用でとても効果的です。

是非、美白ケアなどと共に試していただきたいと思います。


=>徹底的に美白したいとお考えの方はこちら


イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す