ほうれい線は予防できる?

十代から二十代前半までは、
ほうれい線なんて気にしたことがなかったですよね?

だけど、二十代後半になり、三十路に手が届きそうな辺りから
くっきりと分かるようになりました。

左右でも出方は変わってきますが、
ほうれい線をなんとか薄くしたい!とか、
これ以上ひどくしたくないんて思いませんか?

そこで、ほうれい線の予防策について私なりに考えてみました。

そもそも、ほうれい線とは
鼻の両脇から唇の両脇に伸びるシワのことをいいます。

じゃあ、どうしてこの部分にほうれい線と呼ばれるシワが
出来るのでしょうか・・・。

ずばり、それは顔のたるみが一番の原因なのです。

それ以外にも、乾燥や意外にも紫外線、食事の時の噛み方なども
関連しているというのです。

じゃあ、どうすれば予防できるのか?

まずは肌の乾燥を改善する所から始めましょう。

肌が乾燥してしまうと、色々な肌トラブルが起きてしまいます。

新陳代謝も悪くなり、お肌のハリはどんどん失われていくのです。

まずは化粧水などのスキンケアで保湿を常に心がけること。

そして、次に紫外線対策です。

紫外線は肌に到達してしまうと、
活性酸素を発生させて肌の真皮に存在するハリや弾力の素である
コラーゲンを破壊してしまうのです。

そうなると、急激に肌の老化現象も進んでしまい、
これが肌年齢の加齢によるたるみを生じさせてしまうのです。

後は、食事の時にきちんと噛んで食べること!

ほうれい線での悩みが少ない人は、
アンケートなどでよく噛んで食べるといった回答が多いようです。

よく噛むことにより、
口元の筋力を鍛えるというのも大事な努力だと思います。

これらの努力により、ほうれい線を薄くしたり悪化させない事は
可能だと思うので是非私も実践したいと思います。イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す