乾燥肌の原因は間違ったスキンケア?

季節関係なく一年中乾燥が気になる方を乾燥肌と呼びますが、
乾燥肌の原因は様々です。

その中でも生活習慣と間違ったスキンケアが
乾燥肌を引き起こしているというお話をしたいと思います。

まず、第一にスキンケアの基礎である洗顔。

この洗顔が間違っている方がとても多いことをご存知ですか?

正しい洗顔は、洗顔料をかならず泡立ててから使うことから始まります。
そして、泡で洗うような感覚でこすらないように注意して、
洗い流すときは、常温と同じくらいの温度で洗うことです。

冷水でもお湯でもダメなので、
かならず常温のようなぬるいお水を使うことが重要です。

よく、お風呂で洗顔される方は体など洗う時の延長で、
シャワーをそのまま顔にかけますが、
この時のシャワーの温度は基本的に肌に適していないことが多いです。

お湯は汚れを落としてくれますが、必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

なので、水温には注意を配って洗顔してください。

後は、基礎化粧品はどのようなものを使っているのかも重要です。

表面は潤ったように見えても
肌内部は乾燥しているインナードライの方は多いです。

きちんと毎日のスキンケアが浸透しているかどうかを
自分で確認してみてください。

洗顔後にしばらく放置して肌が突っ張るようならインナードライです。

とろみのついた化粧品などで保湿が十分されていると
勘違いしていませんか?

このような勘違いをしてしまう間違ったスキンケアは、
自分で乾燥肌を作り出す原因になってしまいます。

なので、ご自分のケアが正しいかどうか、
もう1度確認していただき乾燥肌の原因を考えてみましょう。
イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

合わせて読みたい関連記事

コメントを残す