肌のバリア機能が低下する敏感肌を防ぐには

よく「敏感肌」という言葉を聞きますよね。

敏感肌になってしまうと、あらゆる問題が肌に生じてきます。

では、どうして乾燥肌や敏感肌になってしまうのか原因について考えてみたいと思います。

様々な理由がありますが、代表的に挙げられるのはセラミドの不足です。

セラミドは、私たちの肌の角質層にもともとある成分なのですが、外部の刺激から肌を保護してくれたり、角質層の水分を保持する働きをしていたりします。

その他にも、排出機能の低下なども敏感肌の原因として考えられます。

肌のターンオーバーが正常に行われている状態の肌は、余分な皮脂や汚れがきちんと排出されていて肌の水分量などを十分に保つことが可能です。

しかし、このターンオーバーが正常に行われずに、いつまでも古い角質が残ったままの状態になると、肌の水分量を調整できなくなってしまい水分と油分のバランスが崩れてしまうのです。

そのような状態になってしまった肌は、バリア機能が低下していくので敏感肌や乾燥肌といった状態になってしまいます。

では、このような状態にならないようにするにはどのような対策が必要でしょうか。

それは一番に保湿です。

乾燥している状態はとても敏感になっていて、外部の刺激から肌を守れなくなってしまいます。

なので、保湿はとても重要だということです。

そして、先ほどお話しました肌のターンオーバーが正常に行われるような努力も必要ですね。

肌のバリア機能を低下させてしまう、敏感肌にならないような生活を心がけてください。イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ