表情じわができないようにするためには

年を重ねるごとに気になるのが表情じわですよね。

20代などの若い頃はあまり気にしなかったことですが、
それまではなかったものがいつの間にかできると、
かなり気になってしまいがちです。

しわの原因としては、潤い不足で肌の乾燥や紫外線によるものと、
もう一つ考えられるのは毎日の顔の表情によって作られてしまうという、
気になる表情しわです。

笑った時や悲しかった時、怒った時や痛かった時、
驚いた時など人は様々な表情をしますよね。

その時にできる少しのしわが、年齢を重ねるととも
に毎日何度も繰り返すことで深く刻まれてしまうのです。

ですが、肌表面に近い表皮の部分からくる浅いシワであれば予防策はあります。

そういった表情でできたしわを改善するためには、
できるかぎり保湿を心がけることが重要なのです。

そして、十分な保湿をしてから血行を良くするためにマッサージをします。

そうすることで皮膚をやわらかくして、
新陳代謝が高まりシワになった場所が早く戻りやすくするという方法です。

乾燥している状態だと出来てしまったシワがすぐに戻りにくいのです。

そしてまた話したり、考えたり、笑ったり、怒ったりして
何気ない日常生活を送る中で、どんどん新しい表情じわができてしまうのです。

目尻やほうれい線などは特に表情からくるシワの可能性が高いので、
深くなってしまう前に自分でスキンケアを頑張りましょう。

=>しわ対策にプラセンタ&セラミドのスキンケアイラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ