半永久的な持続が期待できるアクアミド注射とは

美容整形の分野におけるシワなどに有効な注射による注入法がありますよね。

目の周りの小じわなどにはヒアルロン酸注入が最適だと言われていて、粒子の大きさも用途に合わせて選べるのが特徴です。

ただし、ヒアルロン酸は体内に吸収する率が非常に高く、半年から1年程度しか効果が持続しないと言われています。

そのため、注入する際にかかる費用と持続性を考えると考えてしまう方も多いようです。

そこで、ほうれい線などのマリオットラインと言われる箇所や、加齢による頬のコケ等に注入する時にオススメなのが、最近耳にするようになったアクアミド注射です。

このアクアミドにはヒアルロン酸などにはない大きなメリットがあります。

それは、効果が半永久的に持続するということです。

体の中に注入されたアクアミドジェルにはバリア膜ができる為、体内に吸収される心配がありません。

また劣化しないのも大きな特徴で、最初の配合である水97.5% ポリアクリルアミド2.5%というバランスを崩すこともないというのが最大のメリットなのです。

ただし、皮膚自体は年々加齢により衰えます。

なので、一生シワができないという訳ではありません。

ですが、注入した部分はそのままという状態なのです。

ですから、失敗してしまうと大変なことになってしまうというのが懸念されている大きなデメリットです。

熟練された医師のもとで、きちんと時間をかけてカウンセリングをして仕上がりのイメージをしっかり確認する作業が非常に大切になってきます。

メリットとデメリットを天秤にかけた上で慎重に検討することが重要だと思います。 イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ