ホワイトニングとブライトニングとは

よく歯磨き粉や歯に関する事で耳にするホワイトニングという言葉と、逆に美容でよく聞くブライトニングという言葉がありますよね。

たまに美容界でもホワイトニングというような言葉を聞く時がありますが、この2つの言葉は意味が違うのですが使い方としては同じように使用されていることが多いです。

ホワイトニングとは基本的に「白く」という意味で、ブライトニングとは、「明るく」といった意味合いがあるのです。

では、ホワイトニングとブライトニングは、なぜ美容では同じような意味で使用されているのかですが、基本的に「ホワイトニング」という言葉は化粧品の世界では使用が出来ません。

何故かというと、ホワイトニングとは美白効能表示と言われていて、一定の薬事法で定められた成分を規定量配合された医薬部外品でしか使用できないからです。

なので、美白効果の高い化粧品であっても医薬部外品には該当しないため、曖昧な表現としてブライトニングと言うふうに表現する場合が多いのです。

本来のブライトニングという言葉の使い方は、ファンデーションやハイライトなどで肌色を明るく演出する時に使用するのが正しいと言えるでしょう。

ですが、このような美容業界の苦肉の策といった感じで使われているのがブライトニングという表現なのです。イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

美白ケアと並行して、体内からの肌の活性化を

夏が近づく春先あたりから美白ケアを考える方が非常に増えると思います。

ですが、紫外線対策や美白化粧品以外にも
是非取り入れていただきたいことがあるんです。
「美白ケアと並行して、体内からの肌の活性化を」の続きを読む…イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

美白やアンチエイジングに効果抜群!トマトは美容の宝庫

トマトを毎日食べていますか?

トマトには美容に必要な成分がどっさりと含まれています。

そんなトマトの魅力についてわかりやすくご説明したいと思います。
「美白やアンチエイジングに効果抜群!トマトは美容の宝庫」の続きを読む…イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

セルフピーリングや美白について

スキンケア用品などに含まれている美白成分には限界があります。

配合できる成分の分量は比較的少ないので、
効果を実感するには時間がかかったり
満足するほどではなかったりする場合もあるようです。

そこで、医療機関で処方されるシミの治療に使うハイドロキノン、
またピーリングや再生機能に効果を発揮するビタミンA導入帯の
トレチノインなどこれらを自宅で自分の手で行う
セルフピーリングを行う女性も増えているそうです。

そもそもトレチノインは肌に塗布することでピーリング効果があります。

肌の再生効果も発揮するので、
肌表面の余分な皮脂や老廃物もキレイに除去してくれる効果があるので、
ニキビなどの根強い肌あれに劇的な効果を発揮すると言われています。

又、ハイドロキノンはシミに強力に効くと言われていて、
あの有名なマイケルジャクソンも、
このハイドロキノンで肌を白くしたと言われています。

医療機関から処方されることから濃度は高く、
肌の弱い方には不向きだというデメリットが存在します。

この二つの成分を併用して使用できる医院もあるようで、
相乗効果としてはトレチノインがメラニン色素をうまく排出してくれて、
ハイドロキノンはメラニン生成の制御を行う
といった効果があると言われています。

私もハイドロキノンを病院で処方されて使用したことがありますが、
肌が強くないせいか使用するとピリピリしたりしました。

効果はあったのだと思いますが、
他の処置と併用したためよくわからなかったというのが本音です。

ただ、皮膚科で処方されたハイドロキノンはそこまで高価ではなかったので、
効果を望んで高い美白化粧品を使用しているが効果が見られない
という方にはおすすめだと思います。

どのような成分を使用してもメリットとデメリットは背中合わせなので、
そのへんは熟知した上で使用されるとトラブルが起きづらいのでは思います。イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ

美白スキンケア

夏になると美白タイプのスキンケアが沢山店頭に並びますね。

そもそも美白スキンケアとはどのようなものなんでしょうか?

よく薬用美白ローションなどと聞きますが、
これらは厚生労働省から承認を受けた美白成分(メラニンの抑制)等を
美白効果として表示している化粧品なのです。
「美白スキンケア」の続きを読む…イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ