健やかで美しい肌は角質層の状態が決め手

よく角質という言葉を耳にするかと思いますが、角質層というのは、肌表面に存在する部分です。

角質層は紫外線や、外部からの刺激を肌の内部から守ってくれている役割もあるのです。

肌表面によく表れる皮脂や皮脂膜は、角質層に潤いを与えています。

それは、角質層を守る役目があると言われているのです。

ですが、角質層がダメージを受けてしまい弱った状態に陥ると、乾燥や紫外線、外部からの刺激などから肌を十分に守ることができなくなってしまい、肌の不調が現れるのです。

この角質層がダメージを受ける要因は様々ですが、よくありがちな原因としては、過剰な化粧水などのつけすぎや、化粧品に含まれる化学薬品の刺激、肌を過剰に洗浄していることなどが挙げられます。

特に化粧水のつけすぎは、とてもありがちな原因で肌の外部から与えられた化粧水などの水分は角質層に溜まる傾向にあります。

角質層に水分が加わるとスポンジのように膨らみますが、過剰に与えられた水分は、この角質機能のスポンジのような性質を壊す要因になるのです。
過剰に与えられた水分はどんどん膨らみますが、ふくらんだりしぼんだりを過剰に繰り返すようになります。

すると、角質層はどんどん傷んでいき、しなびたスポンジのようになるのです。

このような状態にしないためにも、化粧品の過剰摂取はやめて、時には肌断食してみるのもよいでしょう。

健やかで美しい肌を手に入れたいのであれば、角質層を大事にしていきたいものですね。イラスト

クリックありがとうございます!

美容・ビューティー ブログランキングへ